underneath/

オリジナル獣漫画描いたり、スターフォックスだったり、映画だったり音楽だったり

ーーーーーーーーーーーーーー EYES WIDE SHUT/5 この国の大きな瑕疵 コーネリア軍、東部カタリナ基地。カタリナ東部戦闘宙域より帰還したグレイ小隊は、局長に呼び出され驚くべきことを耳にした。 「だーかーらァー、今回はァー、企業が雇った民兵組織同士…

EYES WIDE SHUT/4 暗礁に乗り上げた船 三人は狭い航空艇の中、ぎっしりと押し詰められていた。手錠をかけられ、1畳ほどしかない足場の中、アカツキとカイル、ラナが息を潜めている。 暗闇の中、ラナの目が光る。明るい紫の瞳がぱちぱちと動き回って気に触る…

EYES WIDE SHUT/3 誰も知らない爆弾 アカツキの実家はそこから少し歩くところだった。自転車に久しぶりに乗り大はしゃぎしている、カイル・デル・クロルをよそに、マレイドはボロボロの手帳のような本を差し出した。 「これ、読んでほしいの。」 ラナにライ…

EYES WIDE SHUT/2 薬莢を拾う青年 タケルスは、訓練で地中海上空を飛んでいる真っ最中、ふと一人暮らししている自分の隣には、誰もいないことに疑問を持った。男だらけの軍隊にいて、訓練がおわり非番になれば家に帰る。目立った戦闘もなく、日々のローテー…

EYES WIDE SHUT/1 狩人の貝比べ サルガッソーに屯ろしている構成員の中には、元スペーズの輩も多くいた。今ではほとんど「親分、親分」と飼いならされている。時たまウルフは金目のものをバラまいたりなどをしてご機嫌をとる。金に執着していないらしく、常…

哲学とは

時間の流れに心がついていかないまま、私はいよいよ22歳になろうとしている。 ネット世代はとくに時間の感覚が早いと言われるが、私もそれのまた一人であり、情報の波をコントロールすることすらままならず、翻弄され、成熟することができなくなっている。…